屋上緑化施工の注意点Note of green roof construction

緑化について設計・施工のポイント

屋上緑化駐車場緑化折板屋根緑化壁面緑化など、緑化を行う際には初期の設計はもちろん、施工時にも押さえるべきポイントがあります。こちらでは、「緑化のプロフェッショナル」である愛木が、緑化についての設計・施工のポイントをご紹介します。緑化は、高い技術と豊富な実績を持つ弊社にお任せください。


ポイント1:積載荷重

屋上・屋根・壁面への緑化を行う際には、建物の積載荷重をふまえることがとても重要です。設計時には、緑化を行う建物の用途や緑化する範囲などを、積載荷重条件ときちんと照らし合わせる必要があります。


建物の積載荷重条件とは……

屋上緑化における積載荷重条件は、基本として以下のとおりとなっています。

・全面的な緑化:60kg/㎡以内
・部分的な緑化:180kg/㎡以内

※積載荷重には使用する植物だけでなく、緑化にまつわるレンガや各種副資材など、その他関連資材の重量も含まれます

主な積載荷重値

1981年、以下の3種類の積載荷重が新耐震法によって改訂されました。その関係は次おとおりです。

「床設計用の積載荷重」>「架構設計用の積載荷重」>「地震力算出用の積載荷重」

屋上緑化は、「地震力計算値以下」の重量であれば全面行うことが可能です。建物の積載荷重は、使用する目的や安全性、また経済的な面もふまえて細かい配慮を行ったうえで設計されています。既存の建物に緑化を行う際には、建築時に考慮された積載荷重を十分に考慮したうえで計画を立てることが大切です。

使用目的別積載荷重の例
  住居の居室 百貨店・店舗売場 屋上広場・バルコニー
床の構造計算時 180kgf/㎡ 130kgf/㎡ 60kgf/㎡
大梁・柱または
基礎構造計算時
290kgf/㎡ 240kgf/㎡ 130kgf/㎡
地震力計算時 「住居の居室」に数値に同じ。ただし学校・百貨店の場合は「百貨店・店舗売場」の数値となる。

ポイント2:防水

生きている植物を使用する屋上緑化には、「水」が欠かせません。そこで「防水」がとても重要になります。建物の規模や構造、また屋上の一部もしくは全体を緑化するのか、屋上の用途はどんなものかなどをしっかりふまえたうえで防水を行うことが必要です。


主な防水タイプ
種類 特長 主な施工箇所
シート防水
「塩ビシート防水」
「ゴムシート防水」
・工期が短い(広さによっては1日~数日で施工が可能)
・とくに「塩ビシート防水」の需要が高い
鉄骨造・木造の建築物の屋上・ベランダ
塗膜防水
「ウレタン防水」
「FRP防水」
など
・「ウレタン防水」は防水層の厚みが2~3mmであり、歩けるよう配慮が可能。施工性に優れ、改修時などによく用いられる。
・「FRP防水」は液状材料を使用して硬化させる工法。工期が短く、1~2日で完成させることも可能。
RC、SRC構造の建築物の屋上に適している
アスファルト防水 「ルーフィング」という、合成繊維不織布にアスファルトを含浸・コーティングしたシート状のものを貼り重ねていくことで防水を形成する技術。ルーフィングを2層以上に重ねることで、水密性に優れた防水層が構築できる。 形が複雑な場所に適している

ポイント3:排水

「水」は「防水」によって漏れないようにするのはもちろん、適切な「排水」が行われるよう設計することが大切です。屋上緑化では植物を維持するために灌水を行いますが、その水の流れがきちんと設計できていないと、排水口にゴミが溜まるなどした場合にすぐに溢れてしまいます。そこで、次のポイントを押さえることが大切です。

  • ストレーナーの設置や、こまめな清掃といったメンテナンスを欠かさない
  • 緑地を建物の壁から離して施工すると、水の流れを妨げず、掃除がしやすくなる
  • 土の流出は詰まりの原因になるほか、植物の成長・維持を妨げるため、流出を防ぐ工夫が必要

ポイント4:風荷重

建物が高くなればなるほど、屋上に吹くは強くなります。また建物の規模や形状、地形やまわりの建物といった状況によっても、風速や風の流れは変わってきます。そこで「風荷重」の計算が重要になるのです。

風荷重の計算は建築基準法によって規定されており、地域ごとの基準風速や、地表面の状態による平均風速の違いなどが考慮されています。また風荷重には正圧と負圧があり、緑化基盤にかかるのは負圧です。

これは屋上面を通過する風が緑化基盤を持ち上げる力のことであり、高層であれば、通常の積載荷重制限下における屋上緑化の自重だけで風に抵抗するのは難しいといえます。そこで、屋上緑化では風荷重を十分に考慮した固定方法の検討が必要になるのです。


ポイント5:メンテナンス

生きている植物を使用する屋上緑化では、美しさを維持するためにメンテナンスを継続する必要があります。しかし水やり・肥料やりなど、それにかかる手間や費用の負担はできるだけ抑えたいもの。そこで屋上緑化を行う際には建物のオーナー様と、メンテナンスにどれくらいの維持費用がかかるのかなどコストイメージのすり合わせが欠かせません。

弊社では、できるだけメンテナンスの負担を減らせるような屋上緑化をご提案しています。また、一部手を加える以外ノーメンテナンスの緑化実験を実施するなど、お手軽な緑化の実現に努めています。くわしい内容については、お気軽に弊社までご相談ください。

愛木の緑化システム
選ばれている理由とは?

導入事例Works

屋上緑化のお役立ちポイント
愛木についてAbout US
ページの上部へ